幼稚園児の脱毛、あなたならどうします?

タイトルのままなのですが、幼稚園児くらいの年齢の子どもが脱毛した場合、これをカバーするのは結構大変です。

経験からの話ですが、カバーすることはできるけれど、それをフォローするのは周りの大人。
大人の工夫も必要です。

幼稚園にいる間、どうするのか。
ずばり、周りの大人の力を借ります。

幼稚園の先生の力をかりたり、お稽古事の最中は、お稽古の先生の力を借りる。
ときにはお友達のお母さんの力も借りる。

周りの大人が「かわいそう」と思うような仕草をすれば、その子にとってかわいそうな記憶になるので、めがね程度の扱いが出来ると良いようです。

普段は帽子、ちょっとお出かけはウイッグ、このくらいなら使いやすいですよ。
帽子だけだと不自然だと感じる方は、つけ毛を帽子の中に付けると良いですよ。

子どもは、周りの大人の反応で、自分の立ち位置を感じています。
周りの大人が気持ち良く対応出来ると良いですよね。

こんな相談にものります。
どうぞ、抱え込まないで下さいね。

最後に決めるのはご家族ですが、その情報を集めるお手伝いができます。
プロの力をうまくご活用下さい。

秘密は守るので、どうぞ、お気軽に声をかけて下さい。おまちしています♪

カテゴリー: 抗がん剤や脱毛について パーマリンク

コメントは停止中です。