子ども向けウィッグ、学校生活でどう使うか。

子どもの脱毛にも対応しています。

小学生くらいは、まだ親のサポートがかなり必要ですが、中学生くらいになると日常のお手入れやセットは自分でできるようになります。
自分のことが自分でできるようになり、自分のヘアスタイルにもこだわりが出てくる頃です。
髪の毛のかわりがあれば良い、というわけではありません。
本人が上手に使えるように、まず大人が理解してサポートが必要です。

今日、一枚ウィッグを発送しました。
学生さんのウィッグです。何度かやりとりをさせていただき、数年前にウィッグを買っていただきました。その子どもさんが無事学校を卒業するそうで、4月からの新生活に向けた新しいウィッグをご注文いただきました。

自然色(クロ)の肩まであるボブです。
新しい生活も、また元気に楽しく過ごしてくださいね。
(成長を知ることができて、とても嬉しいです)
unnamed

子どもにとってのウィッグは、その成長のお供をさせていただく大事なものです。
いつも丁寧にお届けするように一同こころをこめて作り、発送しています。
不安なことやわかりにくいことなどありましたら、お気軽にご相談ください。

カテゴリー: ウィッグ(かつら)について パーマリンク

コメントは停止中です。